その他の注意点


中古コピー機を購入する際の注意点はいろいろあります。まず保守契約の年数について確認しましょう。保守契約というのはメーカーが部品を提供してくれることです。そして、これはその製品が販売終了してから約7年までとなっていることが多いです。そのため、保守契約の期間がどのくらい残っているのか確認することは大切です。新品の場合はほとんど問題にならないのですが、中古コピー機の場合はすでに販売終了していることもあるからです。

費用整備状況についても確認しておきましょう。コピー機というのは精密機器です。ちょっとしたことですぐに故障してしまったり、不具合を起こしてしまいます。そのため、しっかりと整備されているものを買いましょう。オーバーホールがきちんと行われているならば、安心して使えます。

搬入するための費用についても確認しましょう。いくら中古コピー機の費用が安かったとしても、それを搬入するための費用もかかることは念頭に置いておくべきです。搬入費用を含めるとあまり安くならないというケースもあるのです。

対応しているOSについてもチェックしましょう。特にオフィスにあるパソコンが新しくて、中古コピー機のドライバーソフトに対応していないという点には注意するべきです。