その他の注意点


中古コピー機を購入する際の注意点はいろいろあります。まず保守契約の年数について確認しましょう。保守契約というのはメーカーが部品を提供してくれることです。そして、これはその製品が販売終了してから約7年までとなっていることが多いです。そのため、保守契約の期間がどのくらい残っているのか確認することは大切です。新品の場合はほとんど問題にならないのですが、中古コピー機の場合はすでに販売終了していることもあるからです。

費用整備状況についても確認しておきましょう。コピー機というのは精密機器です。ちょっとしたことですぐに故障してしまったり、不具合を起こしてしまいます。そのため、しっかりと整備されているものを買いましょう。オーバーホールがきちんと行われているならば、安心して使えます。

搬入するための費用についても確認しましょう。いくら中古コピー機の費用が安かったとしても、それを搬入するための費用もかかることは念頭に置いておくべきです。搬入費用を含めるとあまり安くならないというケースもあるのです。

対応しているOSについてもチェックしましょう。特にオフィスにあるパソコンが新しくて、中古コピー機のドライバーソフトに対応していないという点には注意するべきです。

品質に注意する


中古コピー機を購入するならば品質には十分気をつけましょう。もちろん、新品の中古コピー機であっても品質は大切です。しかし、中古コピー機の場合は新品よりもさらに壊れやすくなっているため、品質の問題は特に重要となります。新品と比較して壊れてしまうリスクが高いです。中古コピー機というのは消耗品であり、これまでにたくさん使われてきたならば、中の部品はどんどん劣化しているでしょう。そのため故障してしまう可能性があるのです。

品質検査中古コピー機の品質はピンからキリまであります。中にはほとんど新品同然の状態となっているものもあるため、そのような中古コピー機を購入しましょう。品質を見極める方法としては、たとえばこれまでどのくらい使われてきたのかをチェックしてみましょう。たくさん使われてきたものは劣化している可能性が高いです。これはカウンター枚数として記録されています。印刷枚数を確認することができるのです。そちらを確認しておきましょう。

また、信頼できる業者を利用することも大切でしょう。中古コピー機は業者に頼んで納品してもらうことになります。それぞれの業者ごとに独自に品質検査を実施しています。評判の良い業者ならば、品質の良い中古コピー機を用意してくれるでしょう。

関連LINK中古コピー機の販売【OAランド】

中古コピー機の購入


オフィスに欠かせないものとしてコピー機があります。たとえばこれから新しいオフィスを構えようと考えているならば、コピー機はかなりの頻度で利用することになるでしょう。コピー機を活用することによって、仕事でさまざまな場面で役に立つのです。たとえば契約書類を作成したならば、それのコピーを取っておくのは普通でしょう。会議で使う資料をコピーするという場面もあります。もちろん、現在はさまざまなものが電子データ化されており、みんながパソコンやスマホなどを仕事で活用するようになっています。それでも紙の書類は便利なものであり、これからもその有用性は変わらないでしょう。

コピー機このように便利なコピー機なのですが、もしオフィスに導入するとなると、新品と中古のどちらを買うべきなのか迷ってしまうことが多いでしょう。基本的に新品のものの方が高機能であり、使っていて便利さを感じる場面はたくさんあります。しかし、新品だと価格がかなり高くなってしまうでしょう。オフィスにコピー機を導入する際にはその費用が気になるものです。そのため、中古コピー機を選択するというケースも少なくありません。

ただし、中古コピー機の場合には質の高いものを入手するべきでしょう。トラブルが生じる可能性があるからです。こちらではこれから中古コピー機を購入する場合にどのような点に注意をしておくべきなのか、そのポイントについて紹介しましょう。中古コピー機を導入する際の参考にしてください。